ティーボールってなあに?

  • HOME »
  • ティーボールってなあに?

ティーボールとは、未就学児~小学3年初夏迄が対象の楽しさと安全性を最優先にしたジュニアリーグでの野球です。
ティーボールでは、ピッチャーが投げたボールではなく、ティースタンドの上に置いたボールを打ちます。
適用年齢は、未就学児~小学3年初夏までとなります。リトルリーグでは、小さいお子様でも安全に野球が楽しめ、野球の基礎が学べるように道具・ルールが考えられ、これから野球を始めようと思っているお子様にはとても最適です。
リトルリーグ東京連盟では年3回(秋季大会、春季大会、夏季大会)ティーボールの大会があり、勝ち進めば関東大会や東日本選手権などの大きな大会まであります。

柔らかいボールを使います。

安全に考慮し、ジュニアリーグの使用球は指でつぶれるぐらいの柔かいボール(セーフティボール)を使用します。

止まっているボールを打ちます。

ジュニアリーグの年齢では、投げるボールを打つことがちょっと困難です。このクラスでは止まっているボールを打つことで、小さなお子様でも女の子でも野球を楽しめるように配慮されています。またボールが正しく動くことでルールを覚え、試合をすることもできます。

基礎能力を小さい頃から高めることができます。

野球の動作は、大きく分けると「投げる」「取る」「打つ」「走る」の4つ。野球はバランス良く、基礎動作や基礎運動能力を小さい頃から高めることができます。

意外と本格的なんです。

①ピッチャーは、投げるまねだけ。
②バッターは、ティースタンドに置いてあるボールを打つ。
③ティーボールは、軟式ボールよりも柔らかく安全なボール(セーフティボール)を使う。
④打者一巡したら(9人打ったら)、スリーアウトにならなくてもチェンジとなる。

それ以外は、リトルリーグのルールとほぼ同じです!

現在、マイナーリーグやメジャーリーグクラスで活躍する選手の中にも、ジュニアリーグでティーボールから野球を始めた選手もたくさん在籍しています、ぜひ墨田リトルリーグでティーボールから野球を始めてみませんか?

PAGETOP
Copyright © 墨田リトルリーグ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.